埼玉朝鮮初中級学校では200人を超える子どもたちが、民族の歴史や文化、言語を学んでいます。埼玉県がこの学校への補助金を打ち切って、10年になります。私たちは埼玉朝鮮初中級学校に通う子どもたちが、日本の学校や他の民族学校の児童生徒たちと平等に教育を受けられるように、埼玉県へ補助金再開を働きかけながら、現状を多くの人々と考えあうために、学習会を開催しています。

活動報告, 学習会

川崎市の桜本は戦前から「コリアンタウン」があり、多文化共生のまちとして知られています。
しかし、それゆえに在特会などによるヘイトスピーチの攻撃の的にされてきました。
そうした中、 ...

活動報告, 学習会

誰もが共に生きる埼玉を作る学習会、第4回目が無事行われました。
中村一成さんをお招きして京都朝鮮学校襲撃事件についてヘイトスピーチのおぞましさとそれを補完してしまっている政治、行政、市民 ...

活動報告, 学習会

2009 年 12 月、京都市南区にあった京都朝鮮第一初級学校(当時)の校門前で、「在 日特権を許さない市民の会(在特会)」を名乗るメンバーら 10 数名が「スパイ養成 機関」「叩き出せ」「ゴキ ...

活動報告, 学習会

昨日、2019年4月26日、第3回誰もが共に生きる埼玉をつくる学習会を開催しました。
テーマは第2回と共通で「朝鮮学校と日本社会を考える」で、講師は鄭栄桓さん(明治学院大学教員)です。 ...

活動報告, 学習会

昨日、2019年3月29日、第2回誰もが共に生きる埼玉をつくる学習会を開催しました。
テーマは第3回と共通で「朝鮮学校と日本社会を考える」で、講師は鄭栄桓さん(明治学院大学教員)です。 ...

活動報告, 学習会

昨日、2018年12月21日、第1回誰もが共に生きる埼玉をつくる学習会を開催しました。
「『不当な支配』の禁止とは?〜朝鮮学校への補助金不支給問題を考える一つの視点」をテーマに、主催する ...